MENU

膝痛 サプリ

年齢を重ねても体を動かす習慣はもちたいものです。ウォーキングや階段昇降といった有酸素運動を行うのは、心にも体にも良いものです。ですがこういった運動も、膝の痛みがあっては難しくなります。年齢とともに軟骨成分はすり減ったり、その成分が失われていきます

 

特に体の重みを支えてきた膝は、肥満体型でなくとも負担が大きいもの。軟骨再生を助ける成分を補ってあげましょう。おすすめなのが、グルコサミン・コンドロイチンです。膝の痛みから解放してくれるサプリをご紹介します。

 

 

キユーピー ヒアルロン酸&グルコサミンの特徴

潤い成分をプラスした膝痛サプリです。軟骨再生グルコサミンとコンドロイチン硫酸を配合しています。潤い成分ヒアルロン酸をプラスすることで、スムーズな動きを助けます。1日めやす5粒に、グルコサミン600r、コンドロイチン硫酸60r。食品会社製の安心サプリです。定期購入なら、初回は半額の3,074円(税込)。

価格 3,078円
評価 評価5
備考 1日めやす5粒。グルコサミン600r・コンドロイチン硫酸60r

 

 

タマゴサミンの特徴

作り出す力のもとiHAを配合した膝痛サプリです。関節のクッション成分をつくりだす力をUPするiHAを、グルコサミンとともに配合しています。グルコサミンを飲んでも実感できない方は作り出す力が落ちているのかもしれません。1日めやす3粒に、グルコサミン400r配合。U型コラーゲンも入っています。初回半額SALEキャンペーンなら、定期コース初回が3,694円(税込)。

価格 3,694円
評価 評価4
備考 1日めやす3粒。グルコサミン400r配合

 

 

美健知箋活グルコサミン&コンドロイチンの特徴

なめらかさをサポートする成分MSMを配合した膝痛サプリです。弾力UP成分MSMを、グルコサミンとコンドロイチンとともに配合。ハーブや生姜もあわせて配合しています。1日めやす4粒に、MSM333r、グルコサミン1,020r相当を含有。製薬会社品質の安心サプリです。定期初月限定価格なら2,000円(税込)。

価格 2,000円
評価 評価3
備考 1日めやす4粒。MSM333r・グルコサミン1,020r配合

 

 

北国の恵みの特徴

軟骨成分をそのまま摂れる膝痛サプリです。軟骨に含まれる成分、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、U型コラーゲンを配合しています。プロテオグリカンは天然鮭の鼻軟骨から抽出されたものを使用しています。1日めやす3粒。軟骨成分をそっくりそのまま凝縮したサプリです。いまならネット限定、毎月先着2,000名のモニター募集あり。

価格 480円
評価 評価2
備考 1日めやす3粒。軟骨成分そのまま凝縮

 

 

久光製薬 MSM+グルコサミンの特徴

膝の痛みを和らげるMSMを配合した膝痛サプリです。弾力を与えてなめらかさをサポートする成分MSMを、軟骨再生のグルコサミンとともに配合。膝痛から解放してアクティブな毎日へ導いてくれます。スムーズな動きを助ける西洋ヤナギエキスも配合。1日めやす10粒に、MSM1,800r、グルコサミン450r。製薬会社の品質で作られた、安心のサプリです。お得な定期コースは、いつでも10%OFFの4,680円(税別)。

価格 4,680円
評価 評価1
備考 1日めやす10粒。MSM1,800r・グルコサミン450r

 

 

膝痛にはグルコサミンとコンドロイチンが効く!

 

40代〜50代位にもなれば、多くの人が膝の悩みを持つようになるようです。人生の中で長年、自分の体の重みを支えてきた膝ですから、多少の劣化は仕方がないのかもしれませんが、ただ使ってきたから磨耗したとういだけでなく、使うだけでケアを怠ってきたからということも多いです。

 

膝の痛みはよくあることですが、ただ我慢していても、このくらいの年齢になると改善するのは難しいものです。変形性膝関節症などで生じている膝の痛みの場合は、膝の軟骨がすり減ることで骨と骨がこすれて痛むため、膝関節の軟骨を滑らかになれば痛みは改善されます。

 

そのために有効とされている成分が「グルコサミン」と「コンドロイチン」です。これらはいずれも新しい軟骨を生成するために利用されるので、軟骨の再生が進んで関節の痛みが緩和されます。

 

膝が痛み出すことで、外出が億劫になって体力や筋肉を低下させてしまうと、生活の質が著しく低下するようになってしまいます。健康で長生きを目指すなら、傷む膝を放置するのではなく、グルコサミンとコンドロイチンを積極的に摂取しましょう。

 

特にこういった軟骨などの生成は、年齢を重ねるにつれて機能が低下していくため、体重が増えてきたりすると消耗は激しく、再生は遅いということになり、膝は痛むしかありません。こういった成分で再生を早めつつ、ダイエットも行ったり筋力もつけたりして、膝にかかる負担を減らすことも重要です。

 

膝痛に良い摂り方はグルコサミンとコンドロイチンの同時摂取!

 

加齢によって生じる膝の痛みは避けるのが難しいものです。というのは、人間は加齢によって体の機能も低下し、また体の中にある成分がどんどん失われていき、一方でそれを補給するための食事量は低下していくからです。さらにそれに輪をかけて、現代人は肥満などによって加齢と共に膝にかかる負担が大きくなる人も多くいます。

 

こういう状態を改善するために有効な成分がグルコサミンやコンドロイチンです。この2つの成分ですが、単独で摂取するよりも実は同時に摂取するようにした方が良いということをご存知でしょうか?

 

というのは、アメリカ国立衛生研究所によって行われた大規模な臨床試験によってその効果が確認されているからです。検証では、グルコサミンを単独で摂った場合とコンドロイチンを単独で摂った場合と、両方を一緒に摂った場合が比較されましたが、一緒に摂取したときの方が痛みの改善に非常に高い効果が得られたそうです。

 

今では、膝の関節痛の緩和・解消を目的とするサプリメントでは、多くがグルコサミンとコンドロイチンを両方配合するようにしています。もちろん、独自の研究によってそれによらずに効果を挙げているものもありますが、選ぶ上ではこういったものが効果が高いことは頭に入れておくべきでしょう。

 

ただ、効果が見られるといっても、しっかり摂取した成分から細胞が作られ、十分に機能を実感できるまでには時間がかるものです。早くても3ヶ月、それ以上の期間は継続して摂取する必要があることは忘れてはいけません。

 

膝痛の原因は?

 

膝が痛くなるというのは、一口で表現することもできますが、実はいろんな要因があるものです。たとえば、スポーツや事故などで膝を激しく打つなどして痛むケースがあります。こういった場合には、筋肉や骨、軟骨などの損傷が起こっている可能性が高いですから、早めに病院で検査して治療にあたると良いでしょう。スポーツ中などは覚醒状態になっていてあまり痛みを感じないこともありますが、落ちついてくると痛むこともありますから注意が必要です。

 

また、若い女性に多く見られますが、ヒールの高い靴を履くなどして歩き方が悪くなる場合があります。そのために膝にかかる重みが変わってしまい、足の筋肉のつき方が変わったり膝へのダメージが大きくなってしまうこともあります。できるだけ必要のない場面では楽な靴を履くことが大切です。

 

加齢によって膝が痛む人は多いですが、これは年齢が進むと、膝の軟骨の磨耗が起こって、骨と骨がこすれたり、周辺の細胞で炎症が起こってしまうためです。長年にわたって膝関節を使ってきたなら多少の磨耗は避けられませんが、クッションになる軟骨を再生する能力が低下していることが痛みの間接的な原因です。ですから、サプリなどでその軟骨の成分を補うことで痛みの緩和や解消に役立てることができます。

 

グルコサミンやコンドロイチンといった成分は、膝の関節を作る成分で、動きを滑らかにしたり痛みを軽減させる効果があります。上記のいずれの場合にも有効な成分ですから、膝に痛みを感じたらまず摂取を考えると、回復を早くすることができるでしょう。

 

膝痛の種類、症状など

 

膝の痛みというのは多くの人が経験するものですが、その症状は実に様々です。たとえば、膝の曲げ伸ばしの際に痛む場合があります。これは何か膝がひっかかるような感じがしたり、固く膝がこわばっているような感じがしたり、可動域が妙に狭かったりといったことが出てきます。曲げ伸ばしの最中に突然動かせなくなるロッキングという症状もあります。

 

こういった場合の大部分は、スポーツなどで膝や周辺の損傷を生じたか、ひざの皿の裏の軟骨が磨耗して炎症を起こしている状態などが考えられます。

 

こういった症状というのは、膝に大きく負担がかかったり、蓄積した場合に生じやすく、筋力不足や内股などの良くない歩き方が原因になることが多いです。

 

高齢の人にも多く見られますが、10代の女性にも多く見られます。また、膝が不安定な症状もあり、急に膝がカクンと曲がったり、脱力するような感じがします。こういう場合、関節水腫という膝に水がたまる病気が考えられますし、また神経のトラブルから生じている場合もあります。

 

時々、膝を曲げ伸ばしする際に音がなることがあると思いますが、これが常時起こっているような場合には変形性膝関節症を疑いましょう。加齢にしたがって増えてくるものですが、これは関節の骨や軟骨の状態が変わってきて、骨がきしんだりぶつかることによって音が鳴っています。

 

このように膝のトラブルは様々ですから、原因をきちんと考えて対処しましょう。あまりにも痛みや違和感が強い場合は医療機関を受診しましょう。

 

膝痛を予防するには?

 

膝の痛みというのは、若いうちはあまり考えることはありませんが、年齢を重ねれば周囲の多くの人が経験します。そして、いつか自分も経験するようになります。

 

その発症のタイミングは個人差がありますが、基本的には老化現象のひとつとして、誰もが経験することのあるものと言えるでしょう。

 

しかし、加齢によって生じるものとはいえ、予防に努めていれば、ほとんど影響なく人生を過ごすこともできなくはありません。特に、加齢による膝の痛みはほとんどが変形性膝関節症によるものです。

 

これは、膝に対する負担のかかり方などによっても痛みや程度が変わりますから、正しい歩き方や姿勢を身に着けるだけでも予防することができるようになります。

 

また、膝や骨だけでなく、人間は筋肉によっても自分を支えていますから、効果的なトレーニングによって膝への負担を和らげることもできます。こういった対策によって、膝の寿命を長らくすることができますし、痛みも軽減させることができます。

 

当然のことですが、膝への負担を軽くするためにも太り過ぎに注意しましょう。肥満は多くの生活習慣病の元にありますから、適切にダイエットをして健康維持もできるようにすると良いでしょう。

 

膝の痛み対策は、実は多くの場合、全身のアンチエイジングをかねています。ですから、膝の痛みを何とかしようというよりは、体の老化を防ぎ、若い状態を保つためにすることだと思うのが最も気持ちも維持しやすいのではないかと思います。

 

膝痛は生活の質を下げる要因に

 

グルコサミンやコンドロイチンを摂取する人の目的は膝の痛みです。若い人でも膝の痛みを生じることはありますが、年齢を重ねてからの膝の痛みの問題というのは、より深刻になりがちです。

 

というのは、「簡単には治らない」ということがひとつ、そして高齢になってくると「それでも生活できる」という状況があるからです。

 

簡単に治らないのは、もちろん体内の再生能力が落ちているからです。そして、体の再生に必要な成分を取り込む機能が弱くなっていて、食事量も落ち、代謝も低下しているので、必要な成分をしっかり摂取しないといけません。しかし、過食は他の健康被害をもたらす可能性もあるので、知識が不足していると食事による改善はうまくできません。

 

また、高齢になれば膝が痛くても自宅で過ごすことができます。働きに行くことが必要のない世代では、こうして引きこもりやすく、それによって体力や健康面での悪影響も生じるようになりますし、せっかくのフリーな時間も有効に使うことができなくなります。そのために生活の質が大きく低下してしまうのです。

 

グルコサミンやコンドロイチンは膝の痛みを解消する目的で使われますが、実は肌のハリや潤いにも改善効果があります。そのため、アンチエイジング効果もあるので、外出が楽しくなってきます。また、免疫バランスを正常化するために、実は花粉症の予防や改善にも有効なのだそうです。

 

いろんな効果があるグルコサミンやコンドロイチンですから、人生を楽しくするためにも積極的に摂取しておきたいものですね。

更新履歴