MENU

年齢と膝の痛み

年齢が進むにつれて膝の痛みを訴える人が増えてきます。特に、70歳を過ぎると半数の人は関節のレントゲン写真から異常を判断できるというデータもあるようです。こういった膝の痛みは思った以上に早く出るもので、多くの人は40代では痛みほどではなくとも違和感という形で感じています。歩くことが多かったり、激しい運動を日常的にしている人ならより早くそういったものを感じるかもしれません。

 

そして、60代、70代となる頃には膝の軟骨の磨耗が激しくなり、それに伴って膝の痛み顕在化するようになります。すると、歩くのがイヤになって家にこもりがちになり、体力や筋力の低下によってさらに健康を害することも増えています。いまや60歳と言ってもさほど年寄りというイメージではありません。活発に活動している人もいれば、仕事から自由になって第二の人生を謳歌したり、お孫さんの育児を頑張っているという人も少なくありません。

 

加齢に伴って、膝の軟骨がすり減るのはもちろん、軟骨の再生も遅くなるため、若い頃とはまるで勝手が違ってきます。少しでも痛みや症状を軽減するためには、この軟骨の再生をサポートすることが重要です。そのために有効なのがコンドロイチンやグルコサミンといった栄養成分を摂取することです。これらは軟骨をつくる材料になり、また膝の関節の動きをスムーズにしてくれるので辛い痛みを緩和しつつ、痛みの元になっている部分を修復していきます。即効性があるということではないので、効果を実感するまでに数ヶ月必要になりますから、違和感程度のうちに飲み始めるのが良いでしょう。